代表あいさつ

代表取締役の佐々木健視(ささきけんじ)といいます。

人材ビジネスの仕事に興味が出てきたのが、母親が大きな手術を余儀なくされてまもなくの事でした。手術は成功し、リハビリの転院先から退院し、私も心配でお見舞いの為に東京から広島に帰省をいたしました。

驚いたことに、入院がきっかけで母親の認知が進みました。誰かが傍にいて面倒を見ないといけないと思い、会社を退職することに決めました。ところが、退職を決めたのはいいが、なかなか私の後任の人が決まらず困りました。辞表を出してから3カ月後に後任が決まり、引継ぎに2ヶ月半掛かりました。辞めようと思った時から5カ月ぐらい時間が掛かかっていました。


又、辞められると決まったまでは良かったのですが、東京から広島のUターン就職ですね。東京から広島に戻り就職先を探すのに、どの様に進めたらいいか全く分からないのですね。

自分が思った以上に今度は自分の就職探しに困りました。
私の前職は医薬品の製造販売会社でして、関東エリア、北海道エリア、東北エリア、四国エリア、東海エリア、関西エリア、中国エリアを担当し、日本中点々としていましたが、広島県は数カ月しか担当していない状態でした。定年を機に今度は東京都内の沢井製薬さんの代理店をされているところに先輩から声を掛けられ70歳まで働けるいい会社だからと誘われるままに就職いたしました。
ところが、母親の介護は全く考えていなっかったのです。私と同じように転職、再就職に困っている方は沢山いらっしゃると思い、この仕事を通じていくつになっても、新しいことにチャレンジできるよう、少しでも皆様のお役に立ちたいと思います。

一億総活躍社会、人生100年時代構想


*政府は「一億総活躍社会実現、その本丸は人づくり。子供たちのだれもが経済事情にかかわらず夢に向かって頑張ることができる社会。いくつになっても学び直しができ、新しいことにチャレンジできる社会。人生100年時代を見据えた経済社会の在り方を構想していく。」としています。


【一億総活躍社会】
一、若者も高齢者も、女性も男性も障害や難病のある方々も、一度失敗を経験した人も、みんなが包摂され活躍できる社会。
一、一人ひとりが、個性と多様性を尊重され、家庭で、地域で職場で、それぞれの希望がかない、それぞれの能力を発揮でき、それぞれが生きがいを感じる社会
一、強い経済の実現に向けた取り組みを通じて得られる成長の果実によって、子育て支援や社会保障の基盤を強化し、それがさらに経済を強くするという「成長と分配の好循環」を生み出していく新たな経済システムを掲げています。

働く人を取り巻く環境は、近年非常に厳しいものになっています。かつての比較的安定した雇用は、臨時雇いや任期付き業務などの不安定雇用へと急速に移行し、多くの人が、生活全体に不安を感じていると思われます。我が国の雇用統計によると、パート、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託などからなる非正規雇用者が全雇用者に占める割合は、1990年には20.2%でしたが、2014年には37.4%へと大きく上昇しました。今では、雇われて働く人の3分の1以上が非正規ということになります。
長期的に継続して働ける職場が保証されていなければ、人はそれを基盤に、人生設計や将来への見通しを立てることが出来ません。現代人の多くは10年後の自分の生活を想像する事すら難しくなってきています。安定した1つの組織でキャリアを発展させる人は減少傾向にあり多くの人が職場や職業事態を変えざるしかなくなるかもしれません。キャリアの主体は組織から個人へと移動します(Hall,1996)21世紀の労働者には“変化の多い職業人生をいかに上手く乗り越えるか”ということが、新たな課題となりつつあります。そのお手伝いをさせて頂きたいと思い人材ビジネスの仕事を始めました。

 

会社概要

会社名 株式会社 KIZUNA AGENCY(キズナエージェンシー)
本社所在地 広島市中区本通り 7-29 アイビービル7階
設立年月日 2019年7月22日
代表電話 082-942-6233
代表者 代表取締役 佐々木健視
資本金 500万円
業務内容 人材サービス業
事業許可番号 有料職業紹介事業 34-ユ-300486
許可年月日 2019年12月1日
取引銀行 広島銀行本店営業部
⇒ top>